株よりすごいFXの自動売買・システムトレード

株取引界の主役は企業やファンドなどの機関投資家です。

そのため、大口投資家の塩梅によって株価は変動し、株の指標であるPERやPBRが良い状態であっても株価が急落することがあります。

また、大口の投資家は意図的な株価の操作ができるので、株価を上げておいて、個人投資家が買い始めてから売り抜けるという事します。

株の分析上では、株価が上がるしかないような企業の経営状況でも、大口投資家の売買ひとつで大暴落したりします。

株では分析機能はあまり期待できないということです

それに比べ、FXは取引量が多く、何兆円規模の資金を動かさない限り相場を操作することはできません。

つまり、FXは意図的な為替の操作がしづらく、自動売買のロジックが通じやすいのです。

ただ、日銀など各国の中央銀行が為替市場に介入して為替相場が一定の範囲に収まるように操作をすることはありますが、個人レベルでの操作ができないので不正のない取引環境です。

また、中央銀行の介入は相場が急変した時に起こりやすく、ある程度事前に予想ができます。

介入がありそうな時は、自動売買のポジションを手動で決済をしてしまえば、介入による相場急変の被害を避けることができます。

自動売買は投資の世界でものすごくメリットがあるといえるでしょう。

簡単!プログラムを選ぶだけのシストレ!

自動売買はプログラムがFXの取引を自動でしてくれます。

やり方は簡単で、利益が出ているプログラムを選ぶだけです。

後は、プログラムの成績を確認して、調子が悪いものを調子の良いものに入れ替えるだけの簡単運用です。

FXの知識が無くてもプロと同じ取引ができます。

簡単に自動売買が始められ、管理も簡単なのは大きなメリットです。

24時間自動で取引をしてくれる

日中仕事のあるサラリーマンや家事で忙しい主婦はFXの時間をなかなか取れません。

また、仕事で疲れた体では長時間のトレードもできないので、限られた時間でFXをすることになります。

しかし、自動売買は24時間相場を監視し、チャンスがあれば24時間自動で取引をしてくれます。

つまり、作業効率が非常に良く、利益の積み重ねをドンドン行ってくれます。

24時間戦い続ける自動売買は忙しい現代人に合った投資方法です。

自動売買は損切を確実にしてくれる

大きな損失を出すトレーダーに共通していることは損切が上手くないということです

どうしても損をしたくないという感情が入ってしまい、損切をできずに損失を膨らませてしまいます。

その点、FXの自動売買は決められたルールに従い損切を確実に実行してくれます。

つまり、大損しにくいのです。

損切を自動でしてくれるので、自分で取引をするより安全性が高くなります。