コスト重視でFX会社を選ぶなら

FXの取引画面には、「売値(Ask)」と「買値(Bid)」の2種類の価格が表示されます。投資家が取引を行う際、通貨を買う価格が「売値」、売る価格が「買値」となります。また「売値」の方が高い価格となっており、この差額をスプレッドと いいます。

多くのFX会社は口座開設や取引自体には手数料をとりません。つまり、このスプレッドこそが実質の取引手数料となって、FX会社の利益となっているのです。またスプレッド(取引手数料)はFX会社ごとに設定され、その金額にはそれぞれ大きな差があります。

例えば、米ドルと日本円の取引の場合、まずFX会社は顧客に対して米ドル買いと米ドル売りの為替レートを提供します。その際、買い取引の為替レートに対して1銭(FX業者によって違います)上乗せした為替レートで提供しますが、この上乗せされた分の1銭と言うのがスプレッドとなります。

FXでは大きな取引を頻繁に行うので、スプレッドが狭い(少ない)程、投資家に有利です。1日で何回も売買するデイトレードでは、この差が利益に与える影響は大きく、儲けが出ているトレーダーは必ずスプレッドを比較しながら、低コストの会社でトレードをし ています。

コストを低く抑えてトレードするなら、業界最狭水準スプレッドを提供する「DMM FX」が良いでしょう。

dmmfx